京都市・桂駅近くの鍼灸院

鍼灸院みらい京都桂

〒615-8073 京都府京都市西京区桂野里町41-35 松風桂ビル4F
桂駅 徒歩約3分、近くにコインパーキング有り

お気軽にお問合せください
営業時間      
月〜金:9:30~20:00
土:9:00~12:30  
定休日:日曜日,祝日

お問合せ・ご予約はこちら

075-285-1017

鍼灸治療の効果


 

 鍼灸治療は、鍼による物理的刺激や灸による熱刺激を与えることで、その刺激に対して生体が反応し、ヒトが本来持っている体を正常に保つシステム(恒常性維持機能)や治癒システムを活性化することで、様々な効果が得られる治療法です。また、鍼灸治療は薬物療法とは違い副作用もなく身体機能(自律神経系や免疫系、内分泌系など)を活性化する事ができるため、治療というよりはむしろ日頃からの心身のケアや体調の調整に役立つと言えます。

 

 

 具体的な効果としては、①鎮痛効果、②血行促進、③免疫機能の活性化、④循環器や消化器、泌尿生殖器などの内臓の働きを助ける自律神経調整作用、⑤神経系への作用による心身のリラクゼーション効果、⑥脳を活性化させる効果などがあります。 

鎮痛効果


 

 手の合谷(ごうこく;親指と人差し指の間)や下腿の足三里(あしさんり;膝のやや下で外側)というツボ(経穴)に鍼を刺入して、電気を30分以上流すと全身の痛みを止める(鍼麻酔)効果があることが多くの研究で証明されています。この鎮痛効果には、オピオイドと呼ばれる物質が関わっていることが明らかになっています。オピオイドとは、中枢神経や末梢神経に存在する特異的受容体(オピオイド受容体)への結合を介してモルヒネに類似した作用を示す物質の総称で、植物由来のものや化学的に合成されたもの、体内で産生される内因性のものなどがあり、手術やがんの痛みに用いられます。合谷や足三里に鍼を刺入して数十分間電気を流すと、脳内に内因性のオピオイドが分泌され痛みが緩和されます。鍼刺激による鎮痛効果は、時には鎮痛剤が効かない痛みにも効果を発揮することがあります。

血行の促進

 鍼灸刺激は刺激された周辺の血管を拡張させ、皮膚血流やそれよりもやや離れた部位の血流を良くします。図は肘の曲池(きょくち;肘関節の外側)というツボ(経穴)に鍼を置鍼(鍼を刺入したままの状態にしておく手技)した時の手のサーモグラフィーを観察したものです。10分後には指先が赤く変化しています。つまり手の皮膚血流が促進され、皮膚温が上昇していることがわかります。    

自律神経の調整作用

 胃腸の機能は自律神経(交感神経と副交感神経)によって調整されています。胃腸の運動が活発になるのは副交感神経によります。心身がリラックスして副交感神経が優位になっている時は、胃腸も活発に動きますが、逆に交感神経が優位になっている時は活動がにぶります。緊張している時は交感神経が優位になり、胃腸の運動が抑制されます。図はヒトの腸の音をマイクロフォンで記録し、波形に表したものです。手の合谷(ごうこく;親指と人差し指の間)と下腿の足三里(あしさんり;膝のやや下で外側)に10分間、置鍼した後に腸音が増加しています。つまり鍼刺激が副交感神経を刺激し、腸の蠕動運動が活発になり、腸音が増加したことわかります。鍼灸療法は胃腸などの消化器だけでなく、心臓などの循環器や膀胱、子宮などの泌尿生殖器などの内臓機能を調整することが多くの研究で報告されています。

リラクゼーション効果

 図は手の合谷(ごうこく;親指と人差し指の間)と前腕の手三里(てさんり;肘のやや下で外側)というツボ(経穴)に置鍼をした時の脳波を観察したものです。脳波のうちリラックス状態の時によくみられるα波が多くみられています。このように鍼灸療法には心身をリラックスさせる効果があります。    

脳の活性化


 

 図は脳のMRIによる断層画像です。手足の様々な部位にあるツボ(経穴)に鍼をした時の脳の神経活動を観察したものです。特に三陰交(さんいんこう;下腿のうちくるぶしの約5cm上)や内関(ないかん;手のひら側の手首の約5cm上)、足三里(あしさんり;膝のやや下で外側)、太衝(たいしょう;足の第1趾と第2趾の間)、合谷(ごうこく;親指と人差し指の間)への鍼刺激が、脳の広い範囲の神経活動を活発にしていることがわかります。この様に手足をはじめ全身のツボ(経穴)への鍼灸刺激は脳を刺激して全身の様々な機能に影響を与えます。三陰交は月経不順、月経痛、更年期障害など女性の症状や不妊治療に効果があるツボです。内関は心身の安定や吐き気・嘔吐に効果があるツボです。太衝はストレスなどに効果があり、東洋医学では気の流れを良くすると言われるツボです。

眼精疲労の緩和


 

 パソコン作業を長時間すると眼が疲れてピント(焦点)が合いづらくなります。図はパソコン作業によるVDT負荷をした時の鍼の効果を観察したものです。VDT負荷により眼が疲れて、調節緊張時間(近点指標に焦点があう時間)と調節弛緩時間(遠点指標に焦点があう時間)などのピントが合うまでの時間が延長します。つまりパソコン作業で眼が疲れて、眼がぼやけている状態になります。鍼をしない群ではピントが合うまでの時間の延長が改善しませんが、攅竹(さんちく;眉毛の内端)と太陽(眼のやや外)というツボ(経穴)に鍼をすると、ピントが合うまでの時間の延長が改善しています。つまり鍼治療によって眼の疲れが改善することが示されました。

【引用】中村辰三【眼精疲労における鍼治療の有効性】医道の日本, 696, 128-134, 2002.

お問合せ・ご相談・ご予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

075-285-1017

営業時間

月〜金:9:30~20:00  土:9:00~12:30

定休日:日曜日,祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

075-285-1017

フォームでのお問合せ・ご予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お客さまの声

丁寧な対応に安心

人にお勧めしたい

お客さまの声はこちら

アクセス・営業時間

住所

〒615-8073 京都府京都市西京区桂野里町41-35 松風桂ビル4F

アクセス

桂駅 徒歩約3分

営業時間
 
午前 ×
午後 × ×

月〜金:9:30~20:00
土:9:00~12:30

定休日

日曜日,祝日

※フォームからのお問合せは24時間受付しております。

院長ごあいさつ

岩 昌宏

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。